オンラインカジノについて

オンラインカジノの税金と確定申告について

オンラインカジノで稼いだお金ですが、税金を払う必要があるのか知りたい方も多いのではないでしょうか?
税金は国民の義務ですが、意外と詳しいことについて知らない、分からない方が多いと思います。

自営業の方や会社を経営されている方は知識があるかと思いますが、そうでない方、会社にお勤めの方などは、そもそも税金の申告自体したことがない方がほとんどではないでしょうか?

そこでここでは、オンラインカジノの利益、稼いだお金の税金についてと、確定申告について解説してみたいと思います。
オンラインカジノで稼いだけど税金をそうすればよいのか分からないという方など、参考にされてください。

オンラインカジノの稼ぎは税金が発生する?

まずオンラインカジノの利益に対して税金の支払い義務が発生するのかですが、答えはYESです。
オンラインカジノのみならず、ギャンブルでの稼ぎは全て課税対象となるからです。

パチンコや競馬などギャンブルで得た利益は、日本の税制上収入とみなされます。
ギャンブルで得たお金とはいえ、収入を得たことには違いありませんので。

現状日本の税制では、一定額以上の収入には税金がかかり、支払い義務が生じます。
宝くじの当選金など非課税となる一部の所得を除き、全ての収入に対して課税されます。

とはいえ収入にも区分があり、全てが一律というわけではありません。
収入にによって課税される区分があり、税率も違います。

オンラインカジノの収入は一時所得に

ではオンラインカジノの収入はどんな区分になるかというと、一時所得という区分となります。
その名の通り、給与などの定期的な収入ではなく、一時的に入ってくる収入のことです。

オンラインカジノ始めギャンブルの収入であったり、保険の返戻金、懸賞の当選金などがこれに当たります。
ちなみに、お小遣いや親からの仕送りなどは贈与となり、一時所得には当たりません。

一時所得というのは給与所得などと同じで立派な所得ですので、当然オンラインカジノでの収入も、一時所得として申告し税金を払わなければいけません。
ただ、少しでも稼いだら申告しなければいけないかというと、そういうわけでもありません。

一時所得には収入として申告しなければならない一定のラインが決まっています。

申告しなければならない金額

一時所得として申告が必要な金額ですが、20万円以上稼いだ場合申告をする必要があります。
この20万円とは、一度に稼いだ額ではなく、1年間で稼いだ総額になります。

一度に稼いだ額が1万円でも、1年で20万円を超える場合は申告しなければいけないということですね。

ただし、所得税には50万円までの特別控除というものがあります。
例えば、年間で60万円勝った場合、この特別控除分の50万円を引いて計算することができ、実際の所得としては10万円ということになります。

つまり、申告が必要な20万円を下回ることになり、申告は必要ないということになるわけです。

年間70万円以下なら申告は必要なし

以上のことから、オンラインカジノで稼いだ額が70万円までは確定申告の必要がなく、70万円以上稼いだ場合は申告し、確定した納税額を納める必要があるというわけです。

ただしここで注意したいのは、稼いだ額が70万円という点です。
どういうことかというと、負けた額は計算には入れられないということです。

例えば1年で80万円勝ったとします。
しかし負けた金額が11万円あったため、差し引き69万円の勝ちなので申告の必要はないだろう。

実はこれ、だめなんです。
なぜなら、ギャンブルで負けた分は経費扱いにならず、引くことができないから。

よく勘違いしやすいんですが、勝った際に使ったお金、突っ込んだお金は経費として引くことができます。
でも、負けた時に使ったお金は計算に入れてはいけないんです。

実際そういう方は非常に多いので、ご注意ください。
あくまで勝った際の金額の1年間の合計が、一時所得額となります。

税金を払わないとどうなる?

もし、オンラインカジノの稼ぎ、所得を申告せずに放置したらどうなるのか?
答えはテレビで脱税のニュースが度々報道されているので、だいたいわかると思います。

税金を払わない、申告をしないというのは、いわゆる脱税であり犯罪です。
脱税した場合の刑罰は内容によって変わりますが、最も軽いもので「1年以下の懲役または50万円以下の罰金」です。

もし不正行為などで税金逃れが発覚した場合は、最も重い「10年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金またはこれを併科」となります。
さらに、悪質な場合は国税局から検察官に告発され、逮捕される(最大25日間留置所で拘束)可能性も出てきます。

また、無申告加算税や重加算税など、本来払うべき納税額以上に納めなければならなくなり、非常に手痛い出費となってしまいます。

黙っていれば分からない?

中には、オンラインカジノで勝っても海外のカジノだから分からないだろうと考える方もいるかもしれません。
当然、全ての国民の行動を監視しているわけではないので、バレない可能性も否定はできません。

ただ、どこからバレるかは分かりません。
海外から国内への送金をするので、銀行には記録が残りますし、額によってはそこから捜査へつながる可能性もあります。

私自身は脱税の経験はないですし、周りにそういう方もいないので、どうやって調べているのか皆目見当はつきません。
しかし、実際そういう事例は存在するようですので、稼いだ分はしっかり申告し、納税をしていれば非常に安心です。

そんなことで逮捕なんてことになっては、ただただ馬鹿らしいというほかありません。
オンラインカジノで稼いだら、しっかり申告し、納税されてください。

確定申告って?

確定申告とは、毎年2月15日から3月15日までの1カ月間、個人や個人事業主の方の前年1年間の所得等を申告し、確定させる手続きのことです。
以前は税務署へ出向いて申告を行う必要がありましたが、最近ではe-taxというネットでの申告ができるようになりました。

詳しい申告の方法は国税局に専用のページがありますので、そちらをご覧ください。

>>>確定申告について